検索


2019/04/08

検証用のWordPress4.9.6をインストールしました。

検証するときは必ず何をどのようにカスタマイズしたか記録しておいてください。 記録用に「更新情報」カテゴリーを用意しています。

テーマについて

テーマファイルは「ryuumu_tpl」です。Wordpressにはいろんな機能がありますが、リュウムのテーマファイルがそれに対応した作りになっていなければ使えないので、それを確認するためにも普段使っているテーマファイルで検証します。(追記:2019.12.11)

テーマはデフォルトの「twentyseventeen」を複製した「twentyseventeen-custom」を使用しています。
現時点での「ryuumu_tpl」はデザインが見づらいので、改良するまではこれで行こうと思います。

スタイルシートについて

テーマディレクトリ直下の「style.css」の”21.0 Ryuumu Customize”のエリアに付け足していってください。

2020/06/23

特定のカテゴリーをベーシック認証でぱしわーどほごのテスト

特定のカテゴリーをベーシック認証でぱしわーどほごのテスト

カテゴリーページだけパスワード保護されるので、記事のURLに直接アクセスすると見れちゃうよ。

2020/06/18

テスト投稿

2020/03/09

検索機能の検証をしました。

検索機能を使うために必要なもの

  • search.php
  • searchform.php
  • 検索フォームを呼び出すphpタグ

search.phpとsearchform.phpファイルはもともとryuumu_tpl内にあったが使っていなかった。

検索フォームを表示させたい個所に検索フォームを呼び出すタグを記述するだけで使えるようになった。

header.phpに

<?php get_search_form(); ?>

を入れた。

これでできること

投稿記事・固定ページのタイトルと本文内をキーワード検索することができる。

それ以外の機能を付けたい場合はさらに検証が必要。

2019/09/24

オンライン予約システムプラグインを入れてみました。

「Online Lesson Booking 」を入れてみました。

https://olbsys.com/

ATJ様で使用されているプラグインのカスタマイズの検証です。

2019/09/06

投稿した画像を自動で圧縮するプラグインを入れてみた

自動圧縮プラグインはたくさんありますが、APIを取得しなければならないものが多く、めんどくさいので、シンプルそうな「Imsanity」を入れてみた。

↑これはもともとファイルサイズが3MBあるけど、アップロードしただけで圧縮された。

2019.12.2 追記

このプラグインは、すでにアップ済みの画像を後から一括で圧縮する機能もある。

2020.3.31追記

↑2MBの画像をアップしてみた

設定 > Imsanity > 一括画像リサイズ
画像を検索し、出てきた画像のファイル名の中から圧縮したいものを選んでサイズ変更ができる。

FTPから確認してみると、たしかにオリジナルファイルのサイズが大幅に圧縮された。

注意点
1回につき250枚までしか検索できないので、ファイル数が多いときは複数回にわけて検索する必要がある。

2019/09/04

Twitterのタイムラインを埋め込む

参考にしたサイト☞https://toriyami.com/wordpress-twitter/

  1. 埋め込みたいTwitterのアカウントページを開き、URLをコピーする
  2. 「https://publish.twitter.com/」にアクセスし、コピーしたURLを張り付けてEnter
  3. 「Embedded Timeline」を選択
  4. 「set customization options」をクリックし、横幅、高さを入れる。ほかにも任意でリンクカラーを変えたりできる。
  5. 設定できたら「Update」をクリックし、「Copy Code」をクリックして埋め込みコードをコピー
  6. 埋め込みたいところにペースト
  7. 完了

試しにサイドバーにリュウムのTwitterを埋め込みました。

 

2019/07/18

テスト

7/18 10:50に公開します。

2019/07/11

記事に公開期限を設定できる「Post Expirator」

入れてみました。

タイムゾーンの設定によっては、設定した時刻どおりに動作しないことがあるので、導入するときは事前にお客様にそのことを留意いただくようにしましょう。

タイムゾーンの確認方法は、「設定」>「一般」の「タイムゾーン」です。「現地時間は 2019-07-11 15:01:41 です。」というように表示されます。

このWordpressの入っているサーバーは実際の時刻より7分~8分遅れております。

2019.12.12 追記

このプラグインを使って、期間限定イベントの告知をトップページに出す&期限が過ぎたら自動的に消える、ということも可能です。

このブログの「完成見学会(sample)」カテゴリーに記事を公開期限付きで投稿すると、トップページに表示されます。

注意点

トップページからは消えても、サイト上のどこかに記事を公開しておきたい場合はもうちょっと改良しないとだめです。トップページ等、1か所にだけ一時的に出しとけばいい、というシンプルな用途に適しています。

 

2019/07/09

ユーザーの設定変更:自分が投稿したファイル以外は非表示

他のユーザーが投稿したファイルを別のユーザーからは見えないように変更。
ただし管理者からはすべてのファイルを見ることができる。

function.phpに追記↓

function display_only_self_uploaded_medias( $query ) {
if ( ( $user = wp_get_current_user() ) && ! current_user_can( ‘administrator’ ) ) {
$query[‘author’] = $user->ID;
}
return $query;
}
add_action( ‘ajax_query_attachments_args’, ‘display_only_self_uploaded_medias’ );

 

2019/07/09

テスト

↑ほかのユーザーがログインしたときにメディア一覧には出てこない

TOP↑